F1ZONE(F1ゾーン)って何?4画面同時に楽しめる画期的なチャンネル!

キミ

F1のレース展開って早くて途中でよく分からなくなることがあるんだよね。。。
確かに。20台同時に走るからどのマシンがピットストップしたのかとか、各マシンがどれくらいのペースで走ってるかを追うのは難しいよね。

リーナ

みんなのお悩み
  • 誰がピットストップしたの?
  • みんなどのくらいのペースで走ってるの?
  • 中団グループの争いはどうなってる?
  • もっとオンボード映像見たいんだけど?
  • ってかライコネン今コース上のどこ走ってんの?

そんなお悩みを一挙に解決してくれる画期的なチャンネルがあります。

それがF1ZONE(F1ゾーン)。

なんと国際映像、オンボード映像、タイミングモニター、トラッカーが1画面ですべて楽しめてしまうんです。

今回はそんなF1ZONEについてたっぷりとご紹介します!

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

レース情報満載のチャンネル「F1ZONE」


DAZN公式Twitterより

F1ZONEはDAZNで用意されている特別なF1チャンネル。

1画面で次の4つの映像が一度に楽しめるという優れもの。

F1ZONE
  • 国際映像(いつも見てるやつ)
  • オンボード映像
  • タイミングモニター
  • トラッカー(ドライバーがコース上のどこを走っているのか一目で分かる)

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1111599168190115841

国際映像はいつもレース中継で見ている映像ですね。

オンボード映像はドライバー目線の映像になるのですが、国際映像とは別のドライバーの映像を流してくれるので、国際映像で捉えられていないバトルをオンボード映像で見れたり、ドライバーのハンドルさばきをじっくり見たい方には最適。

タイミングモニターは各ドライバーのセクタータイム、ラップタイムドライバー間のギャップが確認できる画面で、これを見れば各ドライバーがどれくらいのペースで走っているのか、どのドライバーが接近した戦いをしているのかが分かります。

最後にトラッカーなのですがこれが個人的にはかなり好きで、コース上で今ドライバーがどの位置を走っているのかという情報がリアルタイムで分かるんですね。

なので接近した戦いをしているドライバーは一目で分かるし、各ドライバーたちのギャップも視覚的に分かるんです。

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1036207197116620803

国際映像だとコースの一部映像しか見れないから、全体を把握できるトラッカーはかなり便利!

リーナ

キミ

ライコネンがどこを走っているかも一目瞭然!

F1観戦に慣れているファンでもレース展開をすべて追うのは大変なものですが、F1ZONEを活用すればレース展開をかなり把握しやすくなるのでF1初心者でも楽しめること間違いなし!

F1ZONEを楽しめるのは予選と決勝

2018年まではF1ゾーンを楽しめるのは決勝のみだったんですが、2019年から予選でもF1ゾーンが楽しめるようになりました。

これで予選中のコースの混み具合がトラッカーで確認出来たり、ドライバーの全開アタックがオンボード映像で見れたり、各ドライバーのセクタータイム、ラップタイムが一目で確認出来てしまうわけですね。

キミ

予選Q3の最後のアタック前とかはドライバーのコース上の位置関係が結構重要だからそれもトラッカーで確認出来るんだね!

まとめ:F1ZONEを楽しめるのはDAZNだけ!

まとめ
  • 国際映像、オンボード映像、タイミングモニター、トラッカーが一度に楽しめるF1ZONE
  • ドライバーの位置関係やラップタイムなどレース展開を追いやすい
  • レース展開を追いやすいから初心者でも楽しめる!

この画期的なチャンネルが楽しめるのはDAZNだけ。

今まで国際映像だけを見ていた人はF1ゾーンで新しいF1の楽しみ方も発見出来るはず。

まさにファン必見のチャンネルです。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し